会社設立をした後の義務

会社設立が完了したら、次は実際に仕事を始めるためのバックオフイス業務です。

会社の銀行口座開設や、税務署・税務事務所(本店が23区内にある場合には納税地の所轄都税事務所、それ以外の場合には各市区町村役場)・社会保険事務所・労働基準監督署・公共職業安定所(ハローワーク)への届け出などが必要です。

会社設立後に必要な届け出には、概ね次のようなものが挙げられます。

 

税務署

  • 法人設立届出書
  • 青色申告の承認申請書
  • 給与支払事務所等の開設届出書
  • 源泉所得税の納金の特例の承認に関する申請書

 

都道府県または市町村の税務担当部署

  • 法人設立・設置届出書

 

社会保険事務所

  • 健康保険・厚生年金保険新規適用届
  • 健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届
  • 健康保険被扶養者(異動)届

 

労働基準監督署(従業員を雇用する場合)

  • 労働保険 保険関係成立届
  • 労働保険 概算保険料申告書

 

公共職業安定所(従業員を雇用する場合)

  • 雇用保険 適用事業所設置届
  • 雇用保険 被保険者資格取得届

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

問い合わせバナー